介護(福祉)タクシー開業支援 横浜介護ビジネス支援センター

横横浜介護ビジネス支援センター 横浜市中区 TEL 045-719-8772


介護(福祉)タクシー許可 よくある質問

弊事務所に寄せられるよくある質問をまとめました

Q. 個人でも許可が取れるの?

A. 個人でも許可は取れますが、将来、介護保険適用のタクシーに移行する予定がある場合、法人名義で許可を取っていないと、許可の取り直しになり、余計な費用と手間がかかりますので注意してください。


Q. 車庫の前面道路の幅員が足りなさそうなんだけど・・・?

A. 前面道路の幅員証明に記載されている幅員が基準以下でも車庫として普通に使用できる状態であるなら、市町村長の証明書を添付して許可を取ることができます。通常、幅員が足りないといって不許可になることはありません。


Q. 訪問介護事業所で4条許可の営業ナンバー車1台でも運行管理者が必要なの?

A. 使用車両が5台以上になると運行管理者が必要です。この使用車両には4条許可の営業ナンバー車だけでなく、ヘルパーの白ナンバー自家用車の台数も含まれます。ただし、平成21年9月30日までは経過措置が適用されますので選任は不要ですが、お早めに人員を用意しておくべきです。


Q. 賃貸借契約書の契約期間が1年なんだけど?

A. 土地(駐車場含む)・建物が賃貸の場合、3年以上の使用権限が必要ですが、この3年の起算日は契約日ではなくて許可申請日です。3年以下の契約期間の場合は、契約書に自動更新条項が必要になります。


Q. ケア輸送運賃と介護輸送運賃ってどう違うの?

A. ケア輸送運賃とは簡単にいうと普通のタクシーの運賃です。介護輸送運賃とは介護保険の通院等乗降介助のための運賃で訪問介護事業所でないと設定できません。ケア輸送運賃は地域によって自動認可運賃が設定されていますのでそこから選択します。介護輸送運賃は訪問介護事業所が自由に設定できます。おおむね、ケア輸送運賃の半額くらいが目安です。

横浜介護ビジネス支援センター メールで問い合わせ


無料相談受付中!横浜介護ビジネス支援センター TEL 045-719-8772 



〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-15-1ストークタワー大通り公園V1005号室
TEL:045-719-8772 FAX:045-811-0032

 Copyright(C) 横浜介護ビジネス支援センター All righnts reserved