横浜介護ビジネス支援センター(運営:佐藤事務所) | 地域密着型サービス事業の開業

横横浜介護ビジネス支援センター 横浜市中区 TEL 045-260-0339

ご相談はお早めに

地域密着型の介護保険事業をスムーズ立ち上げるには、開業予定日から逆算して綿密な事業計画を立てる必要があります。そのためには、各手続をいつまでにに終わらせればいいか、手続が完了するまでどれくらいかかるか等、各手続の詳細を熟知している必要があります。特に介護事業所向けの助成金にも熟知していないと、みすみす100万円以上貰い損ねることもあり得ます。

当事務所は会社設立・許認可取得の専門家である行政書士と助成金・労働社会保険の専門家である社会保険労務士の両資格を有していますので、介護事業所立ち上げに必要な手続をすべてカバーできます。

相談の手間だけでなく、費用の面でも有利な介護事業開業パックをご用意していますので、是非、一度ご相談ください。

無料相談受付中!横浜介護ビジネス支援センター TEL 045-719-8772 

地域密着型サービス事業とは


 地域密着型サービスとは、平成18年4月1日の介護保険法の改正に伴い創設された新たなサービスです。このサービスは、高齢者が要介護状態になっても、可能な限り住み慣れた自宅や地域で生活を継続できるよう、支援していくものです。


事業所の許認可は、各市町村が介護保険事業計画に従い独自に行いますので、
事前に相談が必須です。また、通常の介護保険事業とは違い、開設場所・開設時期等も会社側だけで決めることはできません。

地域密着型(介護予防)サービス事業の種類

@ 夜間対応型訪問介護
A (介護予防)小規模多機能型居宅介護
B (介護予防)認知症対応型通所介護
C (介護予防)認知症対応型共同生活介護 (グループホーム)
D 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 (定員29人以下の特別養護老人ホーム)
E 地域密着型特定施設入居者生活介護 (定員29人以下の介護専用型特定施設)

注目すべき地域密着型サービス事業


小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護とは要支援者・要介護者に対して、「デイサービス等の通所サービス」を中心に、必要なときには「ホームヘルパーサービス等の訪問サービス」や「ショートステイ等の泊まりのサービス」を組み合わせ、本人の心身の状況や希望に応じ、入浴・排せつ・食事等の介護や機能訓練などを行う施設です。

認知症対応型共同生活介護

認知症対応型共同生活介護とは、いわゆるグループホームと呼ばれている施設で、認知症の状態にある要介護者5〜9名を1ユニットとして、家庭的な
雰囲気の中、共同生活を送るための施設です。

横浜介護ビジネス支援センター 



〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-15-1ストークタワー大通り公園V1005号室
TEL:045-260-0339 FAX:045-260-0340

 Copyright(C) 横浜介護ビジネス支援センター All righnts reserved